DHA・EPAサプリを口コミで比較!子供から成人まで積極的に摂りたい脂肪酸とされ話題のDHAやEPAですが、食事から摂取するのは困難!当サイトではおすすめのDHA・EPAサプリを口コミ評価の高い順にランキングしました。どのDHAサプリを選んだら失敗しないか、口コミ・レビューを参考に選んでみてください。

DHA・EPAの基礎知識

便秘に効くDHAサプリを過剰摂取すると下痢になる?DHA・EPAの副作用とは!

更新日:

現在、私たちの生活圏内にスッカリその存在を定着させるまでに至った「サプリメント」ですが、昭和の時代に「ビタミン剤」がキッカケでブームが始まったと言われています。

それ以来、サプリメント業界も元々は健康食品の会社がほぼ独占状態で様々なサプリを販売していましたが、医薬品メーカーをはじめ、次第に飲料メーカーや化粧品メーカーなど様々な業界からの参入が始まり、現在はサプリメント業界も飽和状態であるとも言われています。

さて、そんなサプリメントの中でも一定の評価を維持し、未だ人気の衰えを知らないサプリメントが「EPA」「DHA」です。

現在はその両方を摂取できる「DHA&EPAサプリ」なるものもあり、その存在感たるや、「よく分からないけど人に必要なサプリメント」という認識の方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「DHAやEPAって何?」というところから、過剰摂取による副作用、そして正しい摂取方法に至るまでをご紹介させていただきます。

DHAとEPAとは?そしてその効果は?

DHAやEPAは共に「魚」に多く含まれる栄養素で、別名で「不飽和脂肪酸」と呼ばれるものですが、人間の体内では生成されない「必須脂肪酸」に分類されるため、魚などの食品から摂取する必要があるものなのです。

この二つの成分を摂取することによる効果ですが、両者共に同じような効果があります。

具体的には、DHAは血管や赤血球を柔らかくして血流を良くする、EPAは血液が固まる作用を抑えるといった違いがあり、どちらも血液をサラサラにするということだけで見た場合、効果はEPAの方が高いとされています。

他にも、血中の中性脂肪を少なくしてコレステロールも減らす、腸内環境を改善させるためアレルギー症状を抑えたり免疫機能を高める、脳や神経の細胞の修復を助けて記憶力の向上や認知症予防などにも効果があり、まさに生きる上では「必須」の「脂肪酸」なのです。

DHAやEPAサプリの過剰摂取には副作用はあるの?

さて、今回のお話ではDHAとEPAを多量に摂取した場合に副作用はあるのかということも非常に重要なテーマになります。

副作用といえば、毛が抜ける、むくみ、嘔吐、肌荒れ、重い倦怠感などを想像される方が多いかと思いますが、DHAやEPAを多量に摂取してもそれらの副作用はほとんど表われません。

元々、魚に含まれている当然のように存在する栄養素ですし、多少多めに摂取したとしても体が自然と排出するため深刻な問題に陥ることは少ないのです。

しかしながら、DHAやEPAに限らず「やりすぎ注意」「食べ過ぎ注意」が身体に良くない事は何事にも当てはまることです。

では、もしDHA・EPAのサプリを多量に摂取したらどんな副作用のリスクがあるのでしょうか。

一つ目が「下痢、吐き気」です。

DHAやEPA自体、身体に有害なものではありませんが、人体はその量のバランスを取るようにできています。

そもそも、何かを多量摂取するということは臓器に大きな負担となるため、余分なものを体内に出そうと、消化不良や下痢、吐き気を起こすことがあります。

ワーファリンなど血液の凝固作用の薬と同時服用はさける

そして二つ目に「血液サラサラのお薬との併用」です。

血液を固まりにくくする薬などを服用している時に、DHAやEPAを摂取するのもよくありません。

ワーファリンと呼ばれている血液の凝固作用を抑える薬があるのですが、これと同時に血液をサラサラにするDHAやEPAを摂取するということは、いざ怪我をした時などの出血が止まらなくなる可能性が高くなると考えられます。

つまり、極端に血液がサラサラになってしまうため、同時服用は避けるべきなのです。

降圧剤との服用もさける

最後に3つ目は「降圧剤との服用」です。

同じく血液に関することですが、DHAやEPAには血圧を下げる効果もありますが、降圧剤などを服用しているのであればDHA・EPAサプリを摂取するのは避けた方が良いでしょう。

降圧剤の作用とDHAやEPAの作用が相まって、極端に血圧が下がることが予想されますので、めまいや失神、倦怠感に繋がる可能性が高くなります。

副作用というべきものかは微妙なところではありますが、どちらにしても、多量摂取や何らかの薬を服用中という場合は注意が必要になります。

先ほども申し上げましたが、実際の食品であろうがサプリメントであろうが、過剰摂取というのは、その名前のとおり身体に良いと言えるものでは決してありません。

胃や肝臓などに負担がかかる上、上記までのような症状が現れる事があるからでもありますが、そもそも過剰に摂取したからといって、劇的に体に変化が訪れるわけでもありません。

それが、DHA・EPAなのです。

大事なのは、継続して適量を毎日摂取する事です。

栄養ドリンクのように、摂取してイキナリ元気が湧き出てくるといった類のものではないという事をしっかり心得ておくことが必要です。

おすすめDHA・EPAサプリはこちら

DHA・EPAはどのくらいの量が適量なの?

さてでは、上記までにご説明させていただいた、毎日摂取しても問題ないとされるDHAやEPAの適量とはどのくらいの量の事を指すのでしょうか。

一般的に、18歳以上の方であればDHAやEPAの摂取量は1日に1~3gだと言われています。

これは、厚生労働省が推奨している1g、そしてアメリカの食品医薬品局の2g、欧州食品安全機関の5gという基準に当てはめて、その間を取った数値となっています。

これは、人によって見解が分かれており、「3g摂取したら過剰摂取!」と断言される方もいらっしゃいますし、先に申し上げましたとおり「多少多めに摂取しても排出されるから大丈夫」として寛容に考えている方もいらっしゃいます。

では、サプリメント1粒あたりのDHAやEPAの含有量はというと、商品にもよりますが、おおよそ1粒にそれぞれ100~300mg程度が配合されており、どの商品も1日の摂取量を3粒か4粒程度としています。

これらは、あくまでサプリメントとしての摂取量のお話ですが、では食品から摂取できるDHAやEPAはどのくらいかというところも気になるかと思います。

あくまで目安ではありますが、「サバの味噌煮 DHA約3g/EPA2g」「サケの切身 DHA2g/EPA1g」「焼きイワシ1尾 DHA0.8g/DHA0.6g」といったように、普段の食卓に並ぶ魚料理をそのまま摂取するのでも、サプリメントと同等のDHAとEPAの摂取ができるんだという事が分かります。

ただ、毎日魚を食べる習慣がないという方もいらっしゃるため、サプリメントを補助食品として活用することが推奨されるんですね

こう考えると、さほど大量の魚を食事としなくてもDHAやEPAが摂取でき、魚を食べない日が続いてもサプリメントで簡単に補えるという事がわかりますが、意外といえば意外ですよね。

ただ、体内では生成できないという点で考えると、「絶対必要な栄養素」と位置付ける事ができますので、毎日魚を食べられないという方は、サプリメントを購入されることを積極的に検討された方が良いでしょう。

DHAとEPAで現代病にさよならを!

現代人の食生活の変化には、良い点もあれば悪い点も多く、所謂「成人病」や「生活習慣病」と言われる患者の数は年々増えています。
日本人の死因の2/3は生活習慣病であるというデータもあるほどです。

こういった、現代人ならではの病気を予防し、人間本来の身体づくりにはやはりDHAやEPAは欠かせないものだという事ができます。

毎日摂取するというと、継続的、且つ弛まない努力が必要というような覚悟のいる響きに聞こえますが、DHAやEPAのサプリメントなら食後に3粒程度を摂取するだけですから、仮に魚嫌いの人であっても手軽に摂取できると言うのが大きな特徴になります。

「野菜食べなきゃ!」「タンパク質が足りない!」「カルシウムの摂りすぎは良くないらしいよ!」と、日々健康に気を使っていらっしゃる方も、一時のブームで終わらせないためにDHAやEPAの活用を強くお勧めいたします。

-DHA・EPAの基礎知識

Copyright© DHA・EPAサプリ口コミ比較ランキング2017!効果が評判の人気商品まとめ , 2017 All Rights Reserved.