DHA・EPAサプリを口コミで比較!子供から成人まで積極的に摂りたい脂肪酸とされ話題のDHAやEPAですが、食事から摂取するのは困難!当サイトではおすすめのDHA・EPAサプリを口コミ評価の高い順にランキングしました。どのDHAサプリを選んだら失敗しないか、口コミ・レビューを参考に選んでみてください。

DHA・EPAの基礎知識

DHA・EPAの摂取量について

投稿日:

身体にも頭にも、心にまで嬉しい効果が期待されているDHAとEPA。

その効果をどうにかしてたくさん得ようとがむしゃらに摂取している方、またはそうしようと思っている方はいませんか?

DHAとEPAは身体にとって欠かすことのできない必須脂肪酸ですが、体内でつくり出すことができないので積極的な経口摂取が推奨されています。

また嬉しいことに、注意しなければいけない飲み合わせの薬がいくつかあるものの、基本的には副作用と呼べるものもない安心な成分でもあるのです。

ですが!しかし!

DHA・EPAの摂りすぎ、つまり過剰摂取については注意しなければいけません。

DHA・EPAの適切な摂取量を知ろう!

多くの食べ物や成分もそうであるように、DHA・EPAもそれにもれず極端に偏ることはあまりよくありません。

DHA・EPAは摂取すればするほど身体にいいというものでもありませんし、一度に多く摂取したからといって効果が早く現れるというものでもありません。

残念なことに過剰摂取してしまうことで、吐き気、下痢、胃もたれ、胸やけ、お腹の膨満感、鼻血がでやすい、出血が止まりにくいといったような身体に弊害が現れることもあると言われているのです。(《DHA・EPAの注意点と副作用》参照)

せっかくこれと言えるような副作用もない安心な成分で、身体にも効果的であるにもかかわらず、ちょっとした不注意や欲張り心での単純な「摂りすぎ」という行為が身体にマイナスの影響を与えてしまうなんて、なんだかとてももったいない話です。

そんな残念な思いをしないためにも、DHA・EPAの様々な効果を効率良く得られるようにするためにも、ぜひ適切な摂取量を知っておきましょう。

DHA・EPAの1日の摂取目安量について

DHAとEPAは私たちにとって多くのプラス要素をもつ成分であるのに、過剰摂取には注意しなければいけないとお話しました。

だいぶその名まえも知られるようになって一般の方々にも浸透し、不足しがちであるDHA・EPAを気にかけて摂取しようと心がけている方も増えてはいますが、適切な摂取量を知っている方、または摂りすぎに注意して摂取している方はそれほど多くはないようです。

ではDHA・EPAの摂取量ってどれくらいが「適切」と言えるのでしょうか??

日本の場合、厚生労働省により「DHA及びEPAは1日1g(1000mg)以上摂取することが望まれる」とされていますが、国によってばらつきがあります。

また、「日本人の食事摂取基準」(2015年版)では、DHA・EPAの合計が18歳以上の男性の場合だと1日に2.0〜2.4g、18歳以上の女性は1.6〜2.0gという量の摂取が推奨されています。

このようなことから、DHAとEPAを合計して1日3g(3000mg)を超える量を頻繁に摂取しているようであれば過剰摂取による症状が現れる可能性もありますので、摂取量を意識し、調整したほうがよいと言えるでしょう。

 

DHAとEPAの適切な摂取量ね・・・

う〜ん、なんとなくわかったような気もしますが、今度はDHA・EPAの1gっていったいどれくらい?という疑問が湧いてきますよね。

もう少しわかりやすく、DHAとEPAを豊富に含む食品として代表格の青魚に換算すると、適切な摂取量ってどれくらいをいうのか調べてみました。

厳密に言うと「DHA・EPA合わせて1g」とは言っても、魚の種類や調理法、または同じ魚であっても脂ののり具合によりその含有量は異なります。

なのでここでは目安としか言うことはできませんが、青魚の刺身で5切れ程度、焼き魚であれば中くらいの大きさの青魚1尾程度から摂取可能な量と言えます。

ちなみに「中くらいの大きさの青魚1尾程度」とは、さんまなら半尾、いわしなら2尾、青魚ではありませんが比較的DHA・EPA含有量の高い鮭なら1切れの半分か1/3くらいと考えられます。

こう聞くと、DHA・EPA1日1gだなんて意外にも簡単に摂取できそうな量だと思いませんか?

しかし、上記の魚は比較的DHA・EPAの含有量が多い部類の魚ですので、魚の種類によってはかなりの量を口にしないと1gに達しない魚も多くあります。

食の欧米化が進んでいる現在では日本人の魚ばなれが言われており、肉類の摂取量が魚介類の摂取量を上回っています。

そのような中、毎日の食事で上記の量以上(1日1g以上が推奨されているので)の魚を食べている方は少ないだろうと容易に想像できますよね。

ある調査では、一番多く魚を食べていると思われる50代以上の年齢の方でもDHA・EPAの摂取量が1日1gには届いていないことがわかっており、50代〜70代で1日平均約600mg30代〜40代では平均約300mgしか摂取できていないそうです。

そうなると、30代よりもっと若い年代の方は1日平均約300mg以下の摂取で、推奨された摂取量にはほど遠いことがわかります。

このようなことから、日々の食事で魚などから摂取するぶんにはDHA・EPAが過剰摂取になるという心配はほとんどないと言ってもよいでしょう。

サプリメントの服用では過剰摂取に注意

DHA・EPAの過剰摂取を気にするあまり、神経質になって食事内容まで細かく計算する必要はなさそうですね。

しかし、サプリメントを利用している方はその摂取量には注意した方がよさそうです。

魚が苦手・または調理が苦手で恒常的にサプリメントだけに頼っている方や、魚も好んでひんぱんに食事に摂り入れつつサプリメントも併用している方は、もしかしたら過剰摂取になっている可能性も否定はできません。

サプリメントを利用していても通常通りの食事に出る程度の魚量を食べている方、サプリメントの用法・用量をきちんと守っている方はほとんど問題はないかと思います。

ですが、そうでない方はご自分が服用しているサプリメントの用法・用量を今一度見直し、定められた量を飲んでいるか、1日の合計が3gを超えることが多くなってはいないか確認してみて下さい。

過剰摂取によって現れる症状には吐き気、下痢、胃もたれ、胸やけ、お腹の膨満感、鼻血がでやすい、出血が止まりにくいといったものがあげられていますが身に覚えはありませんか?

健康になるために摂取していたものが、逆に身体への弊害になっているようなことがあれば本末転倒です。

本当に残念ですし、身体のためにというその気持ちや金銭的な面でももったいないという思いを抱いてしまわずにはいられません。

多くの栄養素や成分がそうであるように、DHAとEPAも一度に大量を摂取するのではなく、1日に定められた量・適切な量をコツコツと摂取し続けることが大切です。

-DHA・EPAの基礎知識

Copyright© DHA・EPAサプリ口コミ比較ランキング2017!効果が評判の人気商品まとめ , 2017 All Rights Reserved.